意外と知らない!?フランチャイズの仕組みとは

そもそもフランチャイズとは何か

老後に新たに事業を始める際や、脱サラして起業する際、人によっては代理店契約やフランチャイズ契約を行うことがあります。しかし中にはどのような仕組みなのかわからず、二の足を踏んでしまう人も少なくありません。そのような事態を避けるためにも、まずはそれぞれの契約について知っておかねばなりません。代理店契約もフランチャイズ契約も親会社と契約し、特定の商品やサービスの販路拡大を目的としているものですが、それぞれメリットやデメリットが違うのが特徴です。

フランチャイズ契約のメリット

フランチャイズ契約を行う上で最も大きなメリットとして、親会社が得た商品やサービスなどのノウハウや販売方法が提供されるため、自身で新たに研究を行う必要がない点が挙げられます。そのため開業後すぐに安定した営業を行うことができるだけでなく、親会社からの手厚いサポートなどが期待できるのも魅力です。親会社のブランドイメージをそのまま利用することができるので、新たな販路拡大も行いやすいのもメリットの一つです。

フランチャイズ契約のデメリット

一方でデメリットとして挙げられるのが、加盟金やロイヤリティの負担です。ロイヤリティは基本的には売上に対してのパーセンテージで課せられるため、売上が上がれば上がるほど、ロイヤリティの負担も大きくなっていきます。また店内デザインなども親会社の指示によるところが大きく、自分たちで工夫できる範囲があまり多くなく、店舗独自のサービスなどが提供できないこともデメリットとして感じることがあります。このようにフランチャイズ契約にはメリットがある一方デメリットも当然存在します。それらをしっかり勘案し、契約を行うことをお勧めします。

新しく事業、または副業したい方、ネット上にある代理店の募集に応募するのがおすすめです。素人が一からビジネスを構築するよりも効率的に事業開始が出来ます。