秘書の仕事は多岐に渡りますが、やりがいのある仕事です

一言で言えば縁の下の力もち

秘書と一言で言っても、企業・学校・法律・政治秘書などがあり、仕事内容はそれぞれ異なりますが、共通しているのは上司を補佐してスムーズに仕事ができるようにするということです。電話やメールなどの対応、スケジュール管理など基本的なことから、出張時のチケット手配などとにかく色々なことをこなす必要があります。ただ、このようなサポートがあるからこそ上司は仕事に専念できるので不可欠な存在だと言えますし、やりがいのある仕事です。

様々な技術が身につく仕事

秘書の仕事は様々なことを早く的確に行う必要があるので、社会人としての成長を期待できます。まずコミュニケーション能力ですが、上司とお客様の中継役なので会話をする機会が非常に多くなるのです。そして相手のことを常に考えて行動するので気配りなどホスピタリティ面の成長も期待できます。パソコンを使用しての資料作成も常時あるのでパソコンスキルも上がりますね。偉い上司のお客様は、これまたそれなりの立場にある人が多いので、緊張感は大きいですが社会人として磨かれます。

秘書検定は社会人すべてにお勧め

秘書を目指す方は秘書検定などの資格を取得しているものですが、確実に必要かと言われるとそうではありません。ただ、秘書検定の内容は秘書だけでなく社会人全体に役立つものばかりなので勉強しておいて損はありません。場面ごとの正しい対応や言葉、正しい文書などを学ぶことができるので新入社員が挑戦するのも良いです。いかがでしたか?秘書は間違った対応を繰り返せば上司の評判も当然下がることになり、責任は重大です。それだけにやりがいや成長を感じる日々を送ることができるのです。

秘書の派遣のサービスを積極的に取り入れている人材派遣会社は、各地の繁華街やオフィス街を中心に増えてきています。