印刷業者が手掛ける目的別に見る印刷の分類

印刷といえばやっぱり本のイメージ

印刷を依頼するには、印刷を専門とする業者を利用します。一重に印刷業者と入っても、その仕事はたくさんあるんです。まず、一般の人が想像するのが、本の印刷です。業界では出版印刷とも呼んでいます。依頼するのは、主に出版社や新聞社です。小説や雑誌、新聞、図鑑や参考書などを作ります。地図といった専門的なものも出版印刷にあてはまるんですよ。民間の依頼ばかりでなく、公的な機関や研究機関、団体などからも依頼を受けます。

ペラ紙や冊子の依頼も多い

1枚の紙や、薄い冊子、リーフレットなどの印刷物も、印刷会社の多くで取り扱っています。いわゆる宣伝用の印刷物のことで、商業印刷などと呼ばれているんですね。チラシなどのフライヤー印刷や、大判のポスター、パンフレット、POPなどが該当します。フルカラー印刷ばかりでなく、モノクロ印刷や2色刷り印刷など、種類が豊富です。商業印刷には、業務用印刷も含まれるんですよ。例えば、カタログや会社案内、取扱説明書や名簿、社内報などが当てはまります。

勉強やビジネスで使うものも印刷業者の仕事

本やチラシなどは、素人でもイメージがしやすい印刷物ですよね。この他に、忘れてはならないのが、事務用印刷と呼ばれるものです。勉強やビジネスでメモをとるのに、ノートや手帳を使いますが、これが事務用印刷にあてはまるんですね。名刺印刷や、封筒に住所や社名の印刷などを行います。ただし、広く一般的に売られているノートなどは、事務用品メーカー自らが印刷することが多いんです。複合伝票やビジネス向けの特殊なものを、印刷業者が請け負うことになります。

企業で顧客向けに大量にダイレクトメールを発送する際、自社オリジナルの封筒があれば目にとまりやすいので、封筒印刷を利用される企業が多く存在します。