引越しで不要になった大型家具の処分の方法

大型家具はなるべく知人に引き渡す

引っ越し作業で特に頭を悩ませるのが、大型家具の処分方法です。新居ではどう考えても使わない、置き場所がない、となったら手放すしかありません。愛着のあるものが多いでしょう。箪笥とか学習机とかでしょうからね。でも、引越し代金も跳ね上がるんですよ。それらがあると。リサイクル業者にもお金を出して引き取ってもらうってことになりやすいですしね。使ってくれるって人がいたら大助かりです。ただ、それを運ぶのってたいへんです。

大型家具を知人に渡すのに便利な方法

箪笥や学習机って大人が数人がかりで運ぶ必要がありますよね。玄関に階段にトラックに、と段差のあるところばかりすから。知人もこちら側もトラックを持っていない場合が多いでしょうから、それもなんとかしなくてはなりません。そんなとき便利なのが引越しトラックの立ち寄りシステムです。経路や距離によっては、引越し料金への追加なしに無料でやってもらえることもあるみたいです。引越しトラックに積んだその家具を、知人宅に立ち寄っておろして引き渡してもらえます。

連絡はしっかり、準備万端に

引越しトラックへの利用者の同乗は原則できません。万が一のとき、利用者である同乗者には保険が適用されないからなんですって。だから、「立ち寄り」を利用するときは、家具に大きな目印をつけておくとか、引越しスタッフがすぐわかるような手配をしておかなければならないですね。知人も必ず在宅して、荷物を待つ態勢にしといてもらわないといけません。連絡は念には念を入れて。この方法で大型家具を片付けることがでるなんて幸運なほうです。機会をちゃんと生かしたいですね。

家の整理をしている時に、大量の不用品をどう処理してよいのか悩むケースもあるでしょう。そんな時には専門業者に不用品の回収を依頼してみるのがスマートな解決方法です。